高級感のある家を目指して

証明する子供の教育 > 住宅 > 高級感のある家を目指して

高級感のある家を目指して

2017年8月24日(木曜日) テーマ:住宅

家を建てることを決めて初めて入ったモデル住宅は、木の質感あふれる高級な家でした。そんな家に一目ぼれして、勢いに任せて契約!としたかったのですが、あまりの値段の高さに断念しました。結局地元の工務店と契約しましたが、どうしても最初に見た高級な家の質感が忘れられず、オプションで少しでも近づけないか考えてみました。地元の工務店の標準仕様は、幸いにもモデル住宅と同じ無垢の床と塗り壁となっていました。そして建具を、少し差額を出してモデル住宅と同じ無垢材の建具に変更しました。これで理想に近づけたと思いました。しかし、ちょうど契約した工務店の完成見学会に参加して驚きました。我が家が差額を出してつけた無垢の建具がその家にもついていましたが、思っていたほどの高級感はありませんでした。家に帰ってから、最初に見た家とその日に見た家の違いはなんだろうか必死に考えました。そして、気がついたのが巾木でした。我が家も全部無垢にすれば高級感が出るのでは!?と考え、さっそく見積りを出してもらいました。すると、差額は何と80万円。さすが高級感あふれる巾木、お値段も高級でした。悩みに悩んで玄関とLDKにだけつけてもらいました。それでもなかなかな差額が発生しましたが、完成した家はかなり高級感が出ました!LDKだけですが。家の面積から考えたら、とても小さな面積ですが家の質感を大きく向上させてくれました。高かったですが、つけてよかったです。

三洋ハウスの口コミ・評判・2chの評価・トラブルは?